神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニック|高血圧 動脈硬化 不整脈 糖尿病 足のむくみ

神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニック

神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニックの診療時間は(月・火・木・金)8:30~12:30 15:00~18:00(月曜日は19:00まで)(土)8:30~12:30 ※火曜、木曜、金曜の14:00~15:00は予防接種/乳幼児検診(予約制)休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日

インターネット受付はこちらから

神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニックの電話番号0479-21-7971

12/11(土)は院長の都合により休診となります
ご不便おかけし申し訳ございませんが、ご了承下さい。

12/29(水)~1/2(日)、4(火)~5(水)は休診年末年始休診となります
1/3(月)は当クリニックは神栖市の休日当番医となっており、9:00~12:30、13:30~16:00までの診療時間となります。
また初めて受診される患者さんもいらっしゃるため、診察のインターネット予約はご利用いただけません。
ご不便おかけし申し訳ございませんが、ご了承下さい。

インフルエンザ予防接種のお知らせ

インフルエンザワクチンは追加で入荷した分も、ご予約の上限に達したため、現在受付を中止しております。ご不便おかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

既にご予約されました方は下記インフルエンザ予防接種ページご確認の上で当日ご来院ください。

インフルエンザ予防接種の詳細はこちら

禁煙外来を停止いたします

禁煙外来についてお知らせいたします。主要な禁煙補助薬であるファイザー社のチャンピックスが、N-ニトロソバレニクリンという物質が検出されたため、自主回収、出荷停止となっています。

再開は2022年後半以降になる見込みとのことで、流通が再開するまでは禁煙外来を停止と致します。
ご不便おかけしますが、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

コロナワクチンの予約受付について

コロナウイルスワクチンは、11/15(月)9:00から再度受付しております。インターネット予約もしくはお電話080-5412-9256(9:00から12:00、15:00から17:00まで)で受付いたします。今回も少人数の受付となっております。

ご予約された方へ:予約のキャンセルについて

貴重なワクチンであり、当日のキャンセルは出来ませんので予めご了承下さい。

ご予約された方で、他の医療機関などで早い日程の予約が取れた場合、必ず当クリニックへキャンセルのご連絡いただきますよう、お願い申し上げます。

コロナウイルスワクチン接種に伴い、平常時と比べて混雑が予想されます。
診察までの待機時間がいつもより長くなる可能性があり、ご迷惑おかけして申し訳ありませんがご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


クリニックからのお知らせ

クリニックからのお知らせ

当院の特徴

  • 循環器内科専門医
    循環器内科専門医
    専門医の資格を持つ医師が
    診察を行います
  • お子様からご年配の方まで
    お子様からご年配の方まで
    幅広い年代の患者さまを診察いたします
  • 駐車場○台
    駐車場あり
    お車でお越しいただけます

こんな症状があればご相談ください

このような症状があれば内科を受診ください
風邪、扁桃腺炎
発熱、咳嗽、寝汗
嘔気、嘔吐、吐き気
胸焼け、食欲不振・減退
肩こり
花粉症
蕁麻疹
動悸、息切れ、胸痛
めまい、失神
このような症状があれば生活習慣病の外来を受診ください
喉が乾く
尿が近い 尿に血が混じる
足が冷える、足がつる
血圧が高い・低い
体がだるい
体のむくみ
イライラしやすい
最近体重が増えた、減った
健診で生活習慣病を指摘された
このような症状があれば小児科を受診ください
発熱、熱性けいれん
おう吐、下痢
腹痛、便秘
鼻水・鼻づまり
息苦しい
おねしょ・夜尿症
不機嫌症

何でも相談できる、
信頼され愛されるクリニックを目指して

このたび神栖市土合南に、内科、循環器内科、小児科のクリニックを開設いたしました、院長の鈴木洋輝と申します。

地元の中学、高校を卒業し、大学卒業後は旭中央病院で研鑽を積んで参りました。

循環器内科では心不全治療、冠動脈カテーテル治療、ペースメーカー治療、生活習慣病の診療などに携わり、その後総合診療内科で不明熱、感染症、脳梗塞などの診療、小児科では救急外来診療などを経験しました。

茨城県の10万人あたりの医師数は、全国平均を下回っています。その中でも当地域を含む鹿行地区は全国的に見てもとりわけ医師が少なく、医療過疎の状態にあります。

このような中、地元の医療に貢献できることはこの上ない喜びです。

お子様からご年配の方まであらゆる疾患に対応し、医療安全と患者さんのプライバシーに配慮しながら標準的な医療を提供して参りたいと考えております。

「かかりつけ医」として患者さんに寄り添えるよう頑張って参りますので、よろしくお願い申し上げます。

クリニックからのお知らせ

マイナンバーカードを保険証として使用することができます
当クリニックで、10/20(水)からマイナンバーカードによる保険資格確認ができるようになりました。
マイナンバーカードを保険証として使用することにより、期限切れの心配が不要となり、また過去に受けた特定健康診断の結果や処方内容などが医療機関に分かるようになります。
また受付がスピーディーになり、待ち時間の短縮にもつながります。
マイナンバーカードをお持ちの方はぜひ使用していただき、お持ちでない方はマイナンバーカードを取得されることをお勧めいたします。
禁煙治療用のアプリを導入
当クリニックでは新たに禁煙治療用のアプリ、キュアップ(CureApp)を導入しました。
従来のお薬による治療に、スマホのアプリを組み合わせて禁煙治療を心理的にサポートするものです。ぜひお試しください。
詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。
シダキュア舌下錠、ミティキュア舌下錠を処方できるようになりました
当クリニックでは、新たに花粉症および通年性アレルギーに対する、アレルゲン免疫療法(減感作療法)のシダキュア舌下錠、ミティキュア舌下錠の処方が可能となりました。
毎年花粉症などでお悩みの方は、ご検討ください。
治療開始する際には何点か注意点がございます。お気軽にお問い合わせください。
こちらのサイトもご参考下さい。
おたふくかぜワクチンのインターネット予約を中断いたします
おたふくかぜワクチンは、製造元の山口県の工場で不具合があり、在庫が限られていると報告がありました。
10月に出荷が再開するとのことですが、12月末までは影響が続くとみられています。

したがっておたふくかぜワクチンは初回の接種を優先し、2回目の接種は来年1月以降に受付いたします。
またインターネット予約は中断し、電話(0479-21-7971)でのご予約と致します。ご不便おかけしますが、ご了承ください。
新しい子宮頚がんワクチン:シルガード9のご案内
当クリニックは、新しい子宮頚がんワクチン(HPVワクチン)の施設認定を受けました。これはシルガード9というワクチンで、子宮頚がんの原因となるヒトパピローマウイルス 16、18型に加え、アジア人に多く感染が見られる52、58型に対応しています。
9価のワクチンとすることで子宮頚がんの原因となるウイルスの88.2%をカバーできます。

現時点では定期接種の扱いではありませんので、定期接種に該当する方は時期を逸することなく4価(ガーダシル)か、2価(サーバリックス)を接種していただくようお願い致します。
シルガード9をご希望の場合、お電話(0479-21-7971)でご予約下さい。費用は1回あたり25,000円(税込)となります。
日本脳炎ワクチンのインターネット予約を2021年12月まで中止いたします
ジェービックVという日本脳炎ワクチンが、製品上の問題が発生して、出荷が停止されてしまいました。これに伴い、2021年(令和3年)12月までワクチン流通量が減少する見込みです。
当クリニックではこれまで日本脳炎の予防接種はインターネット予約できましたが、今年の12月までは一時的にインターネット予約を中止いたします。

国からは第1期の初回の2回分を優先とするよう通達がありますので、対象となるお子さんは電話で予約をお願いいたします。
また第2期の有効期限である13歳になりそうなお子さんも受け付けます。
ご不便おかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
新型コロナウイルス感染症について更新いたしました
新型コロナウイルス感染症は、第3波が終わって緊急事態宣言が解除されましたが、最近はまた感染者数の増加が見られています。
英国南東部で発見された変異株が国内でその割合を増している状況です。
変異株は感染力が強く、子供への感染力も強くなっているようだと分析されています。詳しくはこちら
新型コロナウイルスのワクチンについて
国が2月末までに供給体制を整えようとしている、新型コロナウイルスのワクチンについて、現時点で分かっていることを述べたいと思います。詳しくはこちら
子宮頸がんワクチンについて

小学6年生から高校1年生の女性の方に重要なお知らせ~
特に高校1年生の女子です!

若年女性に発生する子宮頸がんは、そのほとんどがヒトパピローマウイルス(HPV)によって引き起こされます。

ヒトパピローマウイルスはいくつか種類があり、がん発生の高リスクの種類と低リスクのものに分けられます。

16型と18型は子宮頸がんの原因の60%を占め、これらの感染対策が重要となります。

有効なワクチン予防接種があります

現在ヒトパピローマウイルスワクチン(子宮頸がんワクチン)は16型と18型の2価(サーバリックス)とそれらに6型、11型を加えた4価(ガーダシル)があります。

いずれも子宮頸がんを予防する方法として非常に効果的です。

このワクチンを先進的に取り入れているオーストラリアでは、近い将来に子宮頸がんを撲滅できるとまで言われています。

2013年に子宮頸がんワクチンが定期接種になってから、全身が痛くなったりだるくなったりする症状が出る人がいるとテレビで報道されました。

それを受けて現在も積極的推奨が控えられているのですが、その後行われた調査(名古屋スタディ)でワクチンとの関連性はないと結論付けられました。

つまりワクチンの安全性は確かめられています。

神栖市による公費予防接種

神栖市では高校1年生を対象に、子宮頸がんワクチンの案内が送付されています。

このワクチンは合計3回の接種が1セットとなっています。

1回目から3回目までの間隔は6ヶ月必要であり、公費の補助は高校1年生の3月までとなっています。
3回目は自費となってしまいますが、2回目までは補助を受けられます。

このワクチンによる子宮頚がんの予防効果は大きく、将来の自分を守ることにつながります。

まだ決して遅くはありませんので、是非ワクチン接種を受けましょう。

筋肉注射で痛みがあるため、あらかじめ麻酔薬が染み込んだパッチを貼付すると痛みが軽減されます。

当クリニックで痛み止めのパッチが使用可能ですので、予防接種を申し込む際にお申し付け下さい。

銚子市の定期予防接種も取り扱っております
当クリニックでは、令和2年9月1日から銚子市のワクチン定期接種の取り扱いが可能となりました。
銚子市の方でも問診票をお持ちいただければ、公費で予防接種が受けられます。
小児の定期接種全種類と、高齢者の肺炎球菌ワクチンも受けられます。インフルエンザワクチンの接種も可能です。
予防接種のご案内はこちら
注射の痛みを軽減する方法
注射の痛みを軽減する方法として、クリームやパッチのご案内をしております。詳しくはこちらをご覧ください
キャッシュレス決済をご利用いただけます
クレジットカード(VISA, Master Card, JCB, American Express, Diner's Club, DISCOVER, 銀聯)、QRコード決済のPayPay、電子マネー(Suicaなどの交通系IC, 楽天Edy, nanaco, waon, QuickPay)がご利用いただけます。

このページの先頭へ戻る