神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニック|高血圧 動脈硬化 不整脈 糖尿病 足のむくみ

神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニック

神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニックの診療時間は(月・火・木・金)8:30~12:30 15:00~18:00(月曜日は19:00まで)(土)8:30~12:30 ※火曜、木曜、金曜の14:00~15:00は予防接種/乳幼児検診(予約制)休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日

インターネット受付はこちらから

神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニックの電話番号0479-21-7971

11/7(土)は院長の都合により休診とさせていただきます。
ご不便おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


インフルエンザ予防接種のご予約はこちら

クリニックからのお知らせ

当院の特徴

  • 循環器内科専門医
    循環器内科専門医
    専門医の資格を持つ医師が
    診察を行います
  • お子様からご年配の方まで
    お子様からご年配の方まで
    幅広い年代の患者さまを診察いたします
  • 駐車場○台
    駐車場あり
    お車でお越しいただけます

こんな症状があればご相談ください

このような症状があれば内科を受診ください
風邪、扁桃腺炎
発熱、咳嗽、寝汗
嘔気、嘔吐、吐き気
胸焼け、食欲不振・減退
肩こり
花粉症
蕁麻疹
動悸、息切れ、胸痛
めまい、失神
このような症状があれば生活習慣病の外来を受診ください
喉が乾く
尿が近い 尿に血が混じる
足が冷える、足がつる
血圧が高い・低い
体がだるい
体のむくみ
イライラしやすい
最近体重が増えた、減った
健診で生活習慣病を指摘された
このような症状があれば小児科を受診ください
発熱、熱性けいれん
おう吐、下痢
腹痛、便秘
鼻水・鼻づまり
息苦しい
おねしょ・夜尿症
不機嫌症

何でも相談できる、
信頼され愛されるクリニックを目指して

このたび神栖市土合南に、内科、循環器内科、小児科のクリニックを開設いたしました、院長の鈴木洋輝と申します。

地元の中学、高校を卒業し、大学卒業後は旭中央病院で研鑽を積んで参りました。

循環器内科では心不全治療、冠動脈カテーテル治療、ペースメーカー治療、生活習慣病の診療などに携わり、その後総合診療内科で不明熱、感染症、脳梗塞などの診療、小児科では救急外来診療などを経験しました。

茨城県の10万人あたりの医師数は、全国平均を下回っています。その中でも当地域を含む鹿行地区は全国的に見てもとりわけ医師が少なく、医療過疎の状態にあります。

このような中、地元の医療に貢献できることはこの上ない喜びです。

お子様からご年配の方まであらゆる疾患に対応し、医療安全と患者さんのプライバシーに配慮しながら標準的な医療を提供して参りたいと考えております。

「かかりつけ医」として患者さんに寄り添えるよう頑張って参りますので、よろしくお願い申し上げます。

クリニックからのお知らせ

休診日のお知らせ
11/7(土)は院長の都合により休診とさせていただきます。
ご不便おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
子宮頸がんワクチンについて

小学6年生から高校1年生の女性の方に重要なお知らせ~
特に高校1年生の女子です!

若年女性に発生する子宮頸がんは、そのほとんどがヒトパピローマウイルス(HPV)によって引き起こされます。

ヒトパピローマウイルスはいくつか種類があり、がん発生の高リスクの種類と低リスクのものに分けられます。

16型と18型は子宮頸がんの原因の60%を占め、これらの感染対策が重要となります。

有効なワクチン予防接種があります

現在ヒトパピローマウイルスワクチン(子宮頸がんワクチン)は16型と18型の2価(サーバリックス)とそれらに6型、11型を加えた4価(ガーダシル)があります。

いずれも子宮頸がんを予防する方法として非常に効果的です。

このワクチンを先進的に取り入れているオーストラリアでは、近い将来に子宮頸がんを撲滅できるとまで言われています。

2013年に子宮頸がんワクチンが定期接種になってから、全身が痛くなったりだるくなったりする症状が出る人がいるとテレビで報道されました。

それを受けて現在も積極的推奨が控えられているのですが、その後行われた調査(名古屋スタディ)でワクチンとの関連性はないと結論付けられました。

つまりワクチンの安全性は確かめられています。

神栖市による公費予防接種

神栖市では高校1年生を対象に、子宮頸がんワクチンの案内が送付されています。

このワクチンは合計3回の接種が1セットとなっています。

1回目から3回目までの間隔は6ヶ月必要であり、公費の補助は高校1年生の3月までとなっています。
3回目は自費となってしまいますが、2回目までは補助を受けられます。

このワクチンによる子宮頚がんの予防効果は大きく、将来の自分を守ることにつながります。

まだ決して遅くはありませんので、是非ワクチン接種を受けましょう。

筋肉注射で痛みがあるため、あらかじめ麻酔薬が染み込んだパッチを貼付すると痛みが軽減されます。

当クリニックで痛み止めのパッチが使用可能ですので、予防接種を申し込む際にお申し付け下さい。

銚子市の定期予防接種も取り扱っております
当クリニックでは、令和2年9月1日から銚子市のワクチン定期接種の取り扱いが可能となりました。
銚子市の方でも問診票をお持ちいただければ、公費で予防接種が受けられます。
小児の定期接種全種類と、高齢者の肺炎球菌ワクチンも受けられます。インフルエンザワクチンの接種も可能です。
予防接種のご案内はこちら
注射の痛みを軽減する方法
注射の痛みを軽減する方法として、クリームやパッチのご案内をしております。詳しくはこちらをご覧ください
インフルエンザ予防接種のお知らせ

開始について

インフルエンザワクチンは、10/1(木)から接種可能となります。
予約は9/24から受付開始しております。

ご予約について

インターネットからの予約が便利ですので、是非ご利用下さい。
インターネットからの受付はこちら

ちょうど1週間後の1日分のみ予約可能となっており、午前0時から予約可能となります。
なお予約状況に余裕がある場合は、1週間以内の予約が入ることもあります。

電話でも受付可能ですが、スマホやパソコンでのウェブ予約の方が予約が入りやすくなっております。
スマホをお持ちでなくウェブ予約が難しい方のために、別の枠を若干設けておりますので、ウェブ予約が難しい方はお電話(0479-21-7971)下さい。

1日当たりの人数制限を設けており、予約が締切の場合は、お手数おかけしますが翌日0時以降にご予約下さい。
午前枠と午後枠があり、診療時間内にお越し下さい。


料金について

金額は成人が2,500円、小児~中学生までが1回あたり2,000円となります(小学6年生までは2回接種です)。
感染症対策のための第2待合室のご案内

 

当クリニックは、感染症対策として第2待合室を設けております。
隔離をすることで、コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどの飛沫感染、結核、麻疹などの空気感染、とびひなど接触感染をできるだけ防ぐことができます。

陰圧室ではありませんが、部屋の奥の天井から外気を取り込み、手前の足元から空気が出ていくように設計されています。
また患者さんを診察後は、その都度消毒をしています。

発熱、咳、発疹等があればインターホンを押してお知らせください。
ご案内致します。
キャッシュレス決済をご利用いただけます
クレジットカード(VISA, Master Card, JCB, American Express, Diner's Club, DISCOVER, 銀聯)、QRコード決済のPayPay、電子マネー(Suicaなどの交通系IC, 楽天Edy, nanaco, waon, QuickPay)がご利用いただけます。
新型コロナウイルス感染症について
次の症状がある方は、下記を目安に帰国者・接触者相談センターにご相談下さい。

○ 少なくとも以下のいずれかに該当する場合は、すぐにご相談下さい(これらに該当しない場合の相談も可能です)。
  • ☆ 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • ☆ 重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    (高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方)
  • ☆ 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談下さい。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合はすぐに相談して下さい。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です)。

(妊婦の方へ)
妊婦の方については。念のため重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターにご相談下さい。

(お子様をお持ちの方へ)
小児については小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談下さい。

鹿行地区の帰国者・接触者相談センターは、
潮来保健所(電話 0299-66-2114)、銚子市は海匝保健所(電話 0479-22-0206)となります。
受付時間はいずれの保健所も平日の午前9時から17時までとなっていますのでご注意下さい。

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」を紹介しています。
マスクを着用し、自家用車で受診して下さい。

【各自治体の情報掲載サイト】
コロナウイルスに関する正確な情報は、以下のホームページで得ることが出来ます。
新型コロナウイルス感染症に関して、これまでに分かっていることをご紹介します。
現在第2波の最中ですが、第1波の時と比べて若者の感染者が多く、そのためか死亡率が低くなっております。あるいはコロナウイルスの変異が起きたという説もあります。続きを読む

新型コロナウイルス感染症に関する外国語対応ホームページの開設について

厚生労働省は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、外国人を含む地域住民等の理解と対策遵守の徹底協力を呼びかけています。
そこで同省は外国人を対象とした、新型コロナウイルスへの感染を疑う方の相談先や受診方法を掲載したホームページを作成しております。
【厚生労働省:COVID-19(新型コロナウィルス感染症)の予防・感染拡大の防止のために】
https://www.covid19-info.jp/

上記URLにて言語を選択いただき、それぞれ11言語((※)やさしい日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国・朝鮮語、スペイン語、ポルトガル語、インドネシア語、ベトナム語、タイ語、タガログ語、ネパール語)のポスター・パンフレットがダウンロードできますのでご活用ください。

このページの先頭へ戻る