神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニック|高血圧 動脈硬化 不整脈 糖尿病 足のむくみ

神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニック

神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニックの診療時間は(月・火・木・金)8:30~12:30 15:00~18:00(月曜日は19:00まで)(土)8:30~12:30 ※火曜、木曜、金曜の14:00~15:00は予防接種/乳幼児検診(予約制)休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日

インターネット受付はこちらから

神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニックの電話番号0479-21-7971

加熱式タバコについて

普及が広がる加熱式タバコ

2014年11月にフィリップモリス社から「アイコス」が発売されてから、加熱式タバコが広がりを見せています。

ブリティッシュアメリカンタバコ社からは「グロー」が発売されています。最近ではインペリアルタバコ社から「パルズ」も発売されました。

これらの加熱式タバコはタバコ葉を240-350℃に加熱し、発生したニコチンを含むエアロゾルを吸入する仕組みとなっています。

一方日本たばこ産業(JT)が発売する「プルームテック」は30℃程度の低温のエアロゾルを、タバコ葉カプセルの中に通過させて吸入する仕組みとなっています。

いずれの商品もタールやニトロソアミン類などの発がん物質が通常のたばこに比べて低減されていることが、各社から示されています。

すぐには見えてこない健康への害

本当に健康への害が少ないのでしょうか。

加熱式タバコはエアロゾルで効率よくニコチンが抽出されるよう、普通のたばこにエチレングリコールなどの成分が添加されています。

これらが健康に悪影響を及ぼさないのでしょうか。またレストランなどで吸っても、「受動喫煙」の害はないのでしょうか。

残念ながらその害は、数十年経過しないとはっきりしません。

加熱式タバコは90%以上が日本で発売されています。つまり人体実験が行われていると言っても過言ではありません。

最も良いのはやはり禁煙です

タバコは加熱式タバコも含めて禁煙するのが、最も健康に良いことは間違いないのです。

内科に関するコラムは以下になります
インフルエンザ
ノロウイルス感染症
甲状腺疾患
花粉症
アレルギー性鼻炎
気管支喘息
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
加熱式タバコについて
禁煙のすすめ
禁煙外来
抗菌薬(抗生物質)の乱用予防について
生活習慣病に関するコラムは以下になります
高血圧
減塩のすすめ
不整脈
心房細動
心不全
狭心症
弁膜症
脂質異常症(高脂血症)
糖尿病
高尿酸血症(痛風)
静脈血栓塞栓症
大動脈弁狭窄症
小児科に関するコラムは以下になります
手足口病
突発性発疹
咽頭結膜炎(プール熱)
おたふくかぜ
みずぼうそう
アトピー性皮膚炎
食物アレルギー
ワクチンについて
注射の痛みを軽減する方法

このページの先頭へ戻る