神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニック|高血圧 動脈硬化 不整脈 糖尿病 足のむくみ

神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニック

神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニックの診療時間は(月・火・木・金)8:30~12:30 15:00~18:00(月曜日は19:00まで)(土)8:30~12:30 ※火曜、木曜、金曜の14:00~15:00は予防接種/乳幼児検診(予約制)休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日

インターネット受付はこちらから

神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニックの電話番号0479-21-7971

抗菌薬(抗生物質)の乱用予防について

抗菌薬(抗生物質)とは

風邪をひいた時、病院にかかると抗菌薬(抗生物質)を処方されることがあると思います。

抗菌薬は細菌を殺したり鎮めたりして、感染症を治療する薬です。

風邪には効かず、耐性菌ができてしまうことも

風邪の一部は細菌感染を伴うこともありますので有効ですが、基本的に風邪はウイルス感染症です。

ウイルスは細菌とは異なり、抗菌薬が効かない微生物です。

つまり風邪に抗菌薬を使用しても、効果はないのです。

そればかりか抗菌薬により、耐性菌が体内に出現することにつながります。

耐性菌増加防止のためにも、
むやみに抗菌薬を使用するのは控えましょう

近年は耐性菌が世界中で問題となっており、G7サミットなどでも議題となるほどです。

菌が抗菌薬にどんどん強くなってきている一方で、抗菌薬の開発は進まず、従来の薬を現場では使用しています。

耐性菌が増え続けると、感染症に抗菌薬が効かなくなる恐れがあるのです。

細菌感染症に限定して必要な抗菌薬を使用することで、耐性菌の出現を最小限に抑えることが出来ます。

お子さんの風邪に、むやみに抗菌薬を使用するのは控えましょう。

以下のサイトもご参照下さい。
AMR臨床リファレンスセンター

内科に関するコラムは以下になります
インフルエンザ
ノロウイルス感染症
甲状腺疾患
花粉症
アレルギー性鼻炎
気管支喘息
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
加熱式タバコについて
禁煙のすすめ
禁煙外来
抗菌薬(抗生物質)の乱用予防について
生活習慣病に関するコラムは以下になります
高血圧
減塩のすすめ
不整脈
心房細動
心不全
狭心症
弁膜症
脂質異常症(高脂血症)
糖尿病
高尿酸血症(痛風)
静脈血栓塞栓症
大動脈弁狭窄症
小児科に関するコラムは以下になります
手足口病
突発性発疹
咽頭結膜炎(プール熱)
おたふくかぜ
みずぼうそう
アトピー性皮膚炎
食物アレルギー
ワクチンについて
注射の痛みを軽減する方法

このページの先頭へ戻る