神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニック|高血圧 動脈硬化 不整脈 糖尿病 足のむくみ

神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニック

神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニックの診療時間は(月・火・木・金)8:30~12:30 15:00~18:00(月曜日は19:00まで)(土)8:30~12:30 ※火曜、木曜、金曜の14:00~15:00は予防接種/乳幼児検診(予約制)休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日

インターネット受付はこちらから

神栖市 土合南の内科・循環器内科・小児科 すずきクリニックの電話番号0479-21-7971

心房細動について

心房細動は、左心房の中から異常な電気信号が発生し、脈が異常に速くなる不整脈です。

高齢者に多く、高血圧症や弁膜症、虚血性心疾患、心不全のある方に多く発生します。

特に高血圧症の関与は大きく、長年血圧が高い方に発症しやすいことが分かっています。

疫学的には高齢化社会が進むにつれて罹患する人の数も増え、我が国でも患者さんの数が増えております。

心房細動による弊害

心房細動は大きく2つの弊害があります。

① 心不全

一つ目は心不全を引き起こすことです。

心拍数が異常に速くなり、左心室の働きが低下して血液循環が低下し、肺に水がたまってしまうことがあります。

② 血栓症

もう一つは血栓症です。

心房細動があると左心房は1分間に300回以上収縮します。

これはブルブル震えているのと同じになり、左心房の中の血液はよどみます。

よどんだ血液は隅の方で固まり、血栓となります。

これが脳の血管に詰まって脳梗塞を引き起こすことがあります。

実際に脳梗塞の2、3割は、心房細動が原因となっています。

治療について

治療は脈を抑える薬と、血液をさらさらにする薬を内服します。

心房細動が起きて7日以内に治まれば、発作性心房細動といいます。

この場合、カテーテルアブレーションという治療により心房細動が停止させることができます。

ただ成功率は現段階では7割程度です。

疑わしい症状があればまずは受診を

脈が急に速くなった、脈が抜ける感じがする、苦しくなる、胸の違和感があるなどの症状があれば、早めに受診しましょう。

内科に関するコラムは以下になります
インフルエンザ
ノロウイルス感染症
甲状腺疾患
花粉症
アレルギー性鼻炎
気管支喘息
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
加熱式タバコについて
禁煙のすすめ
禁煙外来
抗菌薬(抗生物質)の乱用予防について
生活習慣病に関するコラムは以下になります
高血圧
減塩のすすめ
不整脈
心房細動
心不全
狭心症
弁膜症
脂質異常症(高脂血症)
糖尿病
高尿酸血症(痛風)
静脈血栓塞栓症
大動脈弁狭窄症
小児科に関するコラムは以下になります
手足口病
突発性発疹
咽頭結膜炎(プール熱)
おたふくかぜ
みずぼうそう
アトピー性皮膚炎
食物アレルギー
ワクチンについて
注射の痛みを軽減する方法

このページの先頭へ戻る